新社会人を目指すアスペルガーのブログ

大学4年の時にアスペルガーと診断され(2014年夏)、今は社会人3年目(2017年)です。社会で辛い思いをしている発達障害者の方に、「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と安心してもらえるようなブログを目指してます。また、読者の方にも記事を書いてもらえる、という試みを始めました。発達障害をテーマに書きたいことがある方は、その旨と、記事を投稿すると仮定した場合の文章をそのまま、コメント欄で投稿してもらえればと思います。

こんにちわ、まことです。

知り合いがADDでした。
知り合いといっても
アスペ全開で単独行動全開の
学生時代だったので
本当に知り合いかは怪しいですが...笑

深くは関わったことがなかったので
まさかというのが正直です。

というか実は
自分が知り合いと言える範囲内で
発達障害なのはその人が初めてでした。
間接的に聞いただけでしたが
もし直接話していたのなら
実は僕も...みたいになってたのかなと。

発達障害っぽい人はちょくちょくいても
実際に発達障害だと診断されて
かつそれを周りに打ち明けるタイプは
ほとんどいないんですよね。

なので実際はわりといるのに
表面化されにくいのだと思います。

やっぱり障害となったら
できないことがクローズアップされるし
それってやっぱり社会にとっては
できないことが多い足手まとい
みたいになっちゃうから
なかなかカミングアウトしにくいですよね。

できることもまあ普通にあるのに。
むしろできることは本当に
わりと得意な自信ありますよ。
そればっかりやってましたからね笑
(アスペの興味の偏りは、ある分野を極めることにつながります)

ただ、それを生かそうとした時に
コミュニケーションだったり
認知の偏りだったりで
生かしにくかったりするんですよね。

もっとできることが発揮されやすい
社会になったらと思います。

こんにちわ、まことです。

発達障害の皆さん。
〇〇さんみたいな人に初めて
会いました、とよく言われませんか?
〇〇のところは自分の名前です。

僕はよく言われます。
それくらい自分自身が変わっている、
ということなんでしょうが。

一方でこのブログでは、
僕の今までの経験や考え方などを
書いてきましたが、それに対して
私もそうです、似ていてびっくりしました、
というコメントをたくさんいただきます。

そのたびに僕は嬉しくなります。
自分だけじゃなかったんだと。

僕たちは社会から見たら少数派です。
が、このブログでは多数派になれるんです。

多数派になりたいと思っていたわけではないのに。
仕事や私生活で何かあるたびにその要因は全て
僕自身の考え方が変わっていて、少数派だから
というところに行き着いてしまうのです。

少数派が生きやすい社会はどこにあるんでしょうか。
皆さんみたいな人がたくさんいる社会なら、と思います。

こんにちわ、まことです。

一人でも良い。
退職する同期からこの前
まことくんと知り合えて良かった
と言われました。

僕はこの会社に
自分の人間性を肯定する人は
いないと思ってました。
一人でもいたんですね。

この同期も不器用な方でした。
他の同期がクリアすることを
クリアできずに、辛そうでした。

辛さを多少なりとも
分かり合えていたのかもしれません。
辛さを共有し合うのは大切ですね。

このページのトップヘ