こんにちわ、まことです。

大学生になって嬉しかったことの一つが、
「あー、これで体育の授業を受けなくてすむ!」
ということでした。

中学、高校時代、「やったー、次体育の授業だ」と喜んでいる
クラスメイトの気持ちが、全く理解できませんでした笑

僕にとって体育の授業は、ただの拷問でした泣
そんな気さらさらないのに、野球やサッカー、バスケなどの集団スポーツでは、
必ずと言っていいほど迷惑をかけるし、ボールはこぼれ球以外は回ってこないし、
回ってきたとしてもそれをキャッチしてパスするなんてできません。

クラスの男子で1、2を争う運動音痴でしたね。

唯一楽しかったスポーツといえば、縄跳びでしょうか。
ただ飛ぶという単純行動が楽しくて、毎日のように練習していました。
クラスで一番最後まで二重跳びを飛び続け、拍手喝采をあびた記憶があります。

アスペルガーの方には運動音痴の人が多いらしいです。
ただ僕の場合、特定の分野においては、なぜかすごい力を発揮するようです。
どうしてかはよく分かりません。

まぁ、勉強で得意苦手の差がはっきりしているアスペルガーの方がいるように、
僕の場合、運動で得意苦手の差がはっきりしているだけなのかもしれません。

ただ、僕が思うに、空間把握能力が苦手だと、ボールと自分との感覚が分からなかったり、
場の状況をすぐに理解して行動に移す能力が劣っていると、サッカーなどの集団スポーツで、
自分が今何をすればいいのか瞬時に判断できなかったり、
といったところに通じてるような気がします。

集団プレーはダメでも、個人プレーはなんとかできる、って人もいるんじゃないでしょうか。

まぁ、世の中が一般的に必要としている人は、集団プレーが得意な人でしょうから、
縄跳びや腕相撲ができても、社会の役に立つことはできませんね笑 
せいぜい話のネタになるくらいでしょう。