こんにちわ、まことです。

前回の記事に引き続き、アスペルガーの自己診断テストについてです。
今回は、50問あるうちの、21問目から30問目です。

というか今更ですが、このテストの問題に、抽象的な表現、個人によって
捉え方が異なる表現がすごく多いので、戸惑ってしまうのは僕だけでしょうか。

21.小説のようなフィクションを読むのは、あまり好きではない。
小説を読むのは大好きです。昔は月10冊読んでました。なので4番。

22.新しい友人を作ることは、難しい。
すごく難しいですね。新しい環境では、いつも人間関係を作るのに出遅れてしまいます。
そもそも新しい友人を作ろうという意識も希薄なので、難しいですね。なので1番。

23.いつでも、ものごとの中に何らかのパターン(型や決まりなど)のようなものに気づく。
これはありますね。物事に法則性を見つけるのが得意というのはあります。なので2番。

24.博物館に行くよりも、劇場に行くほうが好きだ。
どっちも行きませんが、劇場を映画館と考えれば、劇場のほうが好きですね。なので2番。

25.自分の日課が妨害されても、混乱することはない。
毎週この曜日の日は、この時間の電車に乗れるのに、今日は乗れない。
そんなことがあると、たった10分の違いなのに、不機嫌になってしまいます。
混乱といっても、一瞬の混乱(えーと、次どうしよう)くらいです。なので3番。

26.会話をどのように進めたらいいのか、わからなくなってしまうことがよくある。
んー場合によりますが、時々はありますね。そのせいで就職活動の面接では苦労しました。
日常生活の場面でも、一対一なら大丈夫なのですが、集団での会話になると、
どうやって返答したらいのか分からなくて、周りを待たせてしまうことがあります。なので2番。

27.誰かと話をしているときに、相手の話の"言外の意味"を理解することは容易である。
容易ではありません。難しいですね。このブログでも、
何度もこのことについては記事で書きました(記事はこちらです)。なので4番。

28.細部よりも全体像に注意が向くことが多い。
抽象的すぎて難しいですが、どちらかといえば細部に注目するほうだと思います。
物を探す時も、全体を見て探すというより、細部を一つずつ見て探すという感じです。
なのでその細部が視界に入らないと、なかなか物を見つけられません。なので3番。

29.電話番号を覚えるのは苦手だ。
得意です。意識せずとも簡単に覚えられます。記憶力は昔からよかったです。
人の名前を覚えるのはすごく苦手ですけど! なので4番。

30.状況(部屋の様子など)や人間の外見(服装や髪型)などが、いつもとちょっと違っているくらいでは、すぐには気づかないことが多い。
人間の外見は気付きますね。髪切ったかくらい分かります。
部屋の様子は、特には意識しませんが、人並みには気付くと思います。なので3番。