こんにちわ、まことです。

今日は、カミングアウトという色々とデリケートな部分において、
こんな風にしたら、自分にとっても相手にとっても、今後のためにつながるカミングアウトになりますよ!
というのをお伝えしようと思います。

今日はまず1つめです。
ずばり、カミングアウトは、LINEやメールを通して行いましょう。

僕も、母親を除く友人3人に対しては、全員LINEを通してカミングアウトしました。

どんな相談事や、簡単には話しづらいことって、
やっぱりいざ面と向かって言うとなると、ちょっと緊張してしまいますよね。

それに、ただでさえアスペさんって、会話に苦手意識を持っている人多いと思います。
でも、文章でなら上手く表現できるアスペさんは多いと聞きます。

こういう特性を考えたら、やっぱりLINEでカミングアウト、というのは
ものすごく精神的な面でもやりやすいと思うんです。

LINEをやってない人もいると思うので、メールでもいいでしょう。
ただ、LINEだと既読スルーを気にする人もいるかもしれません。

そういうのが面倒くさい! きちんと考えて伝えたい!という人は、
LINEよりもメールのほうがおすすめかもしれません。

僕の場合、そういうスルーとかはどうでもいい~と考えてるので、
LINEでも特にそういうことは気にせずに、カミングアウトしました。

あと、カミングアウトされる側の立場からしても、
いきなりアスペルガーだということを伝えられると、驚いてしまうこともあると思います。

そういう驚きを、仮に当事者側が察知してしまったりしたら、
何となくその場は気まづくなって、ますます話しづらくなります。

なので、相手の表情などが分からない、
LINEを通してのカミングアウトというのはやっぱりお勧めなんです。

それに、カミングアウトされる側も、冷静に事情を理解した後に、
色々と考えて返事もできると思います。

僕自身、最初はこんなこと話して大丈夫だろうか。。。と思いながらカミングアウトしましたが、
対面ではなかったので、わりとリラックスしてできました。

さて、明日の記事は、大切なポイントの2つめですー。