こんにちわ、まことです。

はい、思いきって認めちゃいまーす。
僕には友達があまりいません笑

「まことの友達って、他に誰がいたっけ?」と、
数少ない友達に、直球的な質問をされたことも何度かあります笑

例えばここ最近、LINEで頻繁にやり取りをするのは2人だけ。

頻繁ではないが、長いやり取り(仕事とかの事務連絡じゃなくて、プライベートな会話)を
LINEで何度かしたことがあるのは、1人笑

そもそも大学生にしては、LINE自体をあまり使わないというのもあるのですが、
これはやっぱり極端に少ないほうだなーと感じます。

ちなみにFacebookでの長いやり取りをしたことがある人(外国人も含む)は、
ここ1年くらいではだいたい30人くらいでしょうか。そのほとんどは外国人です。

しかしここ数カ月だけのやり取りでみると、その数は10人くらいです。
そしてこれもほとんど外国人。

この数だけで見ると、僕の友達の大半は外国人のようです笑
日本人の友達は少ないですが、外国には仲のいい人がいるんですね。

これはどう見ても、僕の人間関係は、外国のほうが良好であるという証明である気がします笑

逆に、日本での友達の数が少ないということが露呈してしまいましたね。
でも、僕は今の人間関係に対しては、基本的に満足してます。

僕は友達が少なくてさみしいと思ったことは本当に全く無いのですが、
中高の頃は、休み時間に一人でいたいと思っていることがよくあったのに、

周りの人たちは仲良さそうに過ごしていて、自分が周囲から浮いていると感じ、
そのことに対しては抵抗感はありました。

が、それは、周りの人みたいになりたいというよりかは、
自分が周囲とは違う、ということに対しての抵抗感、みたいな感じでした。

あ、流石に昼休みにご飯を食べる時くらいは、友達と一緒に食べていましたけどねー。

あと、クラスでペアになってとか、グループになってとか言われる時に、
一応クラスで余らないくらいには、人間関係には困ってませんでした。
(まぁ普通の人からすれば、これは当たり前のことで、特に自慢することではないんでしょうが。。。)

ただ、やっぱり学校の休み時間は、体育の時間の次に嫌いな時間でした笑

とりあえず、そういった学校でのとらうまから、
多数派の人たち(定型発達の人たち)が多く集まりそうな場に出向くと、
結局自分が困ってしまうので、あまり出向かないことが賢明だと考えてしまいます泣