こんにちわ、まことです。

「変わってるね」
アスペの人ならおそらく確実に言われたことがあるでしょう。
というか、そういう風に変人扱いされる人生だったんじゃないでしょうか。

あとは、「おもしろい人だね」とかも言われるんじゃないでしょうか。
「今まであなたみたいな人に会ったことがない」とまで言われることも笑

友達からには、「まことはそのままでいいんだからね」という
アドバイスをもらうこともよくあります。どういう風に捉えていいのやら笑

僕自身は、「変わってる」と言われることに誇りを持っていますが、
なるべく普通でいたい人にとっては、この言葉は辛いものなのかもしれません。

ところで、アスペさんが変わってると言われるのはどうしてなんでしょうか。

まず当たり前ですが、アスペさんは根底として
「大多数の人と考え方や価値観が違う」というのがあるからだと考えられます。

「普通」って何だ、という話になれば結論がつきませんが、
アスペルガーの人が世間でいう「普通の人」にあたる可能性はほぼゼロだと思うんです。

それはやっぱり、脳の性質上、人間として当たり前の部分が
ちょっとズレてしまってたり、そのぶん別の部分が発達してしまってたり。
だからこそ面白いと僕は思ってるんですが、それゆえ生きづらさを感じることもしばしば。

あと、アスペさんは基本的に「周囲に合わせよう」という価値観をあまり
持ち合わせていない人間だともいえると思います。
なので、周囲と同じことをやってないので、「変わってる」と言われるんじゃないでしょうか。

自分のこだわりに忠実に。
純粋すぎるがゆえに、自分の思いをストレートに表現してしまう。

それもこれも、相手の視点でものを見るのが難しいから。
相手から自分がどういう風に思われるか。

そういうことにあまり興味もないうえに、何をすれば相手からどのように思われるか、
ということも分かっていない部分もあります。

そういう理由で、やっぱり周囲とはだいぶかけ離れた存在となることもあります。

というか、アスペさんは無理に周囲に合わせないほうがいいと思います。
もちろん、アスペだからって何でも好き勝手やればいいってもんじゃないし、
気づける範囲である程度相手に気を使うべきなのは当然です。

ただ、その気づける範囲というのが元々極端に狭いので、
どうせ周りに合わせようとしたって難しいし、
「出る杭はうたれる」じゃなくて「出すぎた杭はうたれない」くらいに思ってたらいいんじゃないでしょうか。

もちろん、周囲と違うということで苦労することもあると思います。
しかし、周りに合わせようとすることで、もっと自分にストレスがかかるくらいなら、
ありのままの自分を受け入れてくれる環境を長い目で探したほうがいいんじゃないでしょうか。

甘いんですかねーやっぱりこんな考えは。
分かりませんが、でも「変わってる」って、「普通」であることの何倍も素敵なことだと思いますよ。
ただ、何倍も素敵だからこそ、普通の人の何倍も苦労する場面もある、ということなんです。