新社会人を目指すアスペルガーのブログ

大学4年の時にアスペルガーと診断され(2014年夏)、今は社会人3年目(2017年)です。社会で辛い思いをしている発達障害者の方に、「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と安心してもらえるようなブログを目指してます。また、読者の方にも記事を書いてもらえる、という試みを始めました。発達障害をテーマに書きたいことがある方は、その旨と、記事を投稿すると仮定した場合の文章をそのまま、コメント欄で投稿してもらえればと思います。

2014年12月

こんにちわ、まことです。

さっきおもしろい話を思い出したので、ブログ更新します。

あれは確か小5のときだったと思います。
学年の全員が集められて、先生から話を聞く、いわば学年集会があったんです。
(どんな話をされたかは覚えていませんが)

で、その時僕はアルファベットの歌(ABC~のやつ)にはまってて、
特にLMNOPの部分を

LMNOP~ と早口で一気に歌うのか、
LMNで一回区切って、そのあとOPQR~って歌いなおすのか、

どっちが正しい歌い方なのか、しっくりくる歌い方なのかが知りたかったのです。

で、学年集会中です。
なぜだか分かりませんが、先生が真面目な話をしているのに、
ABCD~だなんて、皆黙って聞いてる中一人で歌い始めてしまったんです笑

でも、その時は自分の世界に入ってたので、いけないことだなんて気づきもしません。
むしろ楽しい時間を過ごしておりました笑

LMNOP~ なのか、LMN。OPQR~なのか、
どっちが歌いやすいのか、というのを交互に試していると、

「静かにしてよ」と隣の男子に、しかもやんちゃな子で、
授業中はどちらかといえば歩いて皆にちょっかいだしてる子に注意されてしまったのです笑

その瞬間、僕は一瞬にして黙りました。
でも、頭の中ではABCD~がずっと流れていました笑

とまあ、こんな話です。
アスペさんなら、特に小学生といったアスペモード全開の時なら、
学年集会中に空気を読まずに変な言動をしてしまった、
みたいな話、よくあるのかもしれませんね。

というか、当時の担任は、僕のアスペに気づいていたのでしょうか。疑問です。

のっけからおもしろい話、といいましたが、おもしろくなかったかもしれません笑
失礼しました。

こんにちわ、まことです。

ぶっちゃけ、自分がアスペだとか、どうでもよくなってきました笑
アスペルガーのブログとかタイトルにあるのに、こんなこと言ってすみません笑

でも別に今現在、生きてて楽しいし、もちろん集団での会話では浮いちゃうから辛いけど、
それはそれでもういっかなーって。

てかたぶん、集団での会話で浮いちゃうのは、空気が読めなかったりするのもあるけど、
やっぱりその集団に属している人たちとの関係性もあるんだと思う。

実際、大学のゼミのメンバーとなら6人くらいの会話でも無理なく発言できるのに、
内定先の会社だと全くもって会話に参加できない。

昔っから、目の前の一人とならある程度仲良くなることはできても、
集団の中で自分の立ち位置を見つけて会話して、全員と仲を縮めるのが苦手だった。

だから、会社の人も、一対一ならものすごくべらべらしゃべる(むしろしゃべりすぎる時が多い)僕が、
三人以上の会話になると途端に、シーンってなるのが、全く理解できてないと思う。

たぶん集団の会話が苦手なのは、遠慮しすぎてるからなのかなあ。
それか、周りの目を実はやっぱり気にしちゃってるのかな。

とにかくやっぱり、少数派の人が生きづらくなるのは仕方ないんだろうけど、
だからこそ自分にとって大切な場所っていうのが、多数派の人よりも明確になりやすい。
そのぶん、人生の道筋もたてやすい?だから生きやすいかも?みたいな笑

まぁ、どうでもいいとか言ってますが、なんだかんだこれからも、
時々ブログは書いていきますので、よろしくお願いします。

今回言いたいのは、自分がアスペとか別にいちいち考えずに、
普通にやりたいようにやればいいんじゃないかなーってことです。

確かに僕自身、自分がアスペと分かってしばらくは、色々と固く考えてました。
でも今はそう思います。

アスペというカテゴリーに自分をはめこむんじゃなくて、自分はあくまで、
どこのカテゴリーにも属さない、唯一無二の存在。

それでいいんじゃないでしょうかー?

ちょっと上手くいかないなって思ったら、アスペルガーってどんな特性だっけとか、
自分にはアスペの中でもどんな特性があるんだっけとか、
そういうときに見直してみて、生き方とかに上手く対処していけばいい。

そういうふうに、アスペであることを逆に利用して、生きやすい方法を見つければいいんだと思います!

こんにちわ、まことです。

本題に入る前に、一つだけ嬉しいご報告です。

実は昨日書いた記事
「バイト中に一人でパニックになってしまいました泣」が、
ブログ村のアスペルガー症候群注目記事ランキングで、1位を獲得しましたー!

http://mental.blogmura.com/asperger/ranking_entry.html
(2014年12月9日18時30分現在)

2位は今までにも何度かあったのですが、1位は初めてです。
優しいコメントをしてくださった方々、心の中でもしかしたら心配してくださっていた方々笑、
ありがとうございました。

さて、本題へと戻ります。

僕は車の運転が下手です。昔の記事でも書いたのですが、
教習は全部で14回落ち、卒業検定も1回落ちてます。

しかしまだ書いていない事実が。。。

なんと実は、路上教習中に、教習車をへこませたことがあります泣

どういうことか説明しますと、まぁ簡単にいえば、狭い道なのに少しスピードを出しすぎて、
横からいきなり飛び出してきた車と、ブレーキをかけたけど間に合わず、軽くあたったという感じです。

でも実は、初めての事態でブレーキをかけていいのか分からず、
ぶつかるのかもしれないと分かってたのに、なぜかブレーキをかけず、

でも横に乗ってる教習のお兄さんもブレーキかけないから、大丈夫かなーと思ってたら、
やっぱり大丈夫じゃなくて直前でブレーキをかけた、という感じです泣

そういうとっさの判断力っていうのも、なかなか低いんですよねー。。。

そして横に乗ってた教習のお兄さんいわく、
「路上での事故は数年に1回はあるよ。心配しないで」らしいのですが、
「え、むしろ数年に1人の逸材!?笑」
みたいに、これは貴重な経験をしてしまったと、動揺しながらなぜか少し興奮してました。

まぁ、本当にけがをした人がいなかったからよかったうえに、
車をぶつけてしまった相手の人もすごく優しい方で、
「俺も悪かった。ごめんね。大丈夫だった?」と心配してくださいました。

むしろ、相手の人は「これ俺のじゃなくて、彼女の車なんですよ」と言ってたので、
その彼女さんとやらに謝りたいと思ったくらいです。。。

今回の記事で言いたかったのは、
「運転が下手だと自覚してるアスペさんは、本当に気をつけてください」
ということです。

実は僕、自宅で車庫入れの練習中に、3度目にして車をまたへこませてしまったのです泣

学習しろよー!と自分に言いたい気分でしたが、へこませてしまったものは仕方がない。
まぁ、これも人にぶつけなかったから本当によかったことです。。。

運転に苦手意識のないアスペさんもいると思いますが、
同時作業能力、初めての事態での判断力、空間把握能力、などなど

アスペさんには苦手なことのオンパレードの自動車運転ですから、苦手な人も多いと思います。
気をつけましょう。

こんにちわ、まことです。

知っている方もいるかもしれないのですが、僕は飲食店でバイトしてます。
大学に入学してから今までずっと続けてるので、もう4年目になります。

ただ、正直いって1年目の子にフォローされたり、
2年目の子に仕事の出来では劣っていたりします笑

でも、最近はそれなりに上手くいってたんです。
人よりもしょうもないミスはたくさんやらかしてましたが、何とかなってました。
なのに、今日は何とかならない事件がありました泣

日曜日。いつもより忙しい店内。
それなのに、今までにないような対応が求められる場面がありました。

1年目や2年目の子がそこで焦ってしまうのはまだしも、
4年目ってやっぱり、普通はそこも何とか冷静に判断して対処する必要があるんですよね。

ただ、そうはいっても初めてのことにはそう簡単に順応できないアスペさん。
頭がいっぱいいっぱいになっちゃって、パニックになってしまいました泣

それで、お客さんに渡さないといけない商品を渡し忘れて、
しかもそのままお客さん帰っちゃいました泣

そのことに気づいて、どうしようどうしようと、もう自分ではどうしようもない状態に。
それでも満席の店内。

「控え室で休む?私が代わりに全部やるから、いいよ」
いつも優しい先輩に、そんなふうに気遣ってもらいました。

でもこれってつまり、そう言われるくらい自分がその時使い物になってなくて、
そう言われるくらい、周りから見てもパニクってるのが明確ってことですよね。

結局しばらくして店が落ち着き、やっと平常心を取り戻してきたものの。
口では言わないけど、周りの人、みんなあきれ返ってたんじゃないかなー。

幸いなことに、この店では僕の「アスペキャラ」が、ある意味「おもしろキャラ」として通用しているので、
仕事ができないから嫌われる、ということはないんですけど。。。

ただ、昔本当に仕事ができなかった時は、
「まことくんみたいに仕事ができない人、他にいないよ」と怒られたくらいです。

仕事ができないことを、全部アスペのせいにするつもりはありませんが、
やっぱりこんなふうに、普通の人が冷静になれるところでパニックになっちゃうのは、

予定外のことや、初めてのことに簡単に対応できない、
アスペの特性が影響してるのかもなーと思ったところです。

皆さんは、仕事中にこんなふうにパニックになったことってあるんでしょうか?
そういうときって、どういう風に対処するんでしょうか。。。

こんにちわ、まことです。

更新がだいぶ不定期になってきてますが、それでも見に来てくださる方がいて、嬉しいです。
寒くなってきましたが、皆さんお元気でしょうかー?

さて、アスペさんって、相手の目を見て話さないのが特性としてあるんですが、
断言します! これ、努力すれば、ちゃんと相手の目を見れるようになります。

実際、僕自身がここ最近、相手の目を見て話せるようになってると感じます。

まだまだ、意識しないと見れてないことも多いですが、
意識してる間は見れるようになってきたと思います!

感覚的には、昔相手の目を見る割合が10%くらいなら、今は30%くらい?笑

そしてこの割合が上がっていくたびに、周りの定型発達の人は、
びっくりするくらい僕の目を頻繁に見て話してるんだなーと。

だって、僕が意識して相手を見て話すときはほぼ確実に、相手もこっちを見てるんです。
え、これって定型発達さんからすれば当たり前ですか?笑

つまり、僕の周りの定型発達さんが、僕を見て話をしているときは、
定型発達さんにとって期待はずれな視線の合わせ方を僕はしていたのかもしれないですね。

でもやっとこさ、30%くらいまでには合わせるようになってきました。

正直、相手の目を見て話す必要性というのを本当の意味では理解できてないものの、
たぶんですが、目を見て話すのは、「あなたの話に関心がありますよ」ってことの表れなんでしょうか。

そういう、言外の動作で、相手に意思を伝えるっていうのは、
アスペさんには習得しにくいことかもしれませんが、意図的に相手の目を見ることはできます!

ちょっとずつ練習していけば、慣れるようになるので、お試しを。
相手の目を見るだけでも、だいぶ人間関係が良好になるんじゃないかと感じます。

定型発達さんは、おそらくそういうのを無意識的にやってるだけで、
アスペさんは、そういうのを意識的にやっていけば、この「視線合わない」問題?
に関しては、クリアしやすいところなんじゃないかなーと思います。

このページのトップヘ