新社会人を目指すアスペルガーのブログ

大学4年の時にアスペルガーと診断され(2014年夏)、今は社会人3年目(2017年)です。社会で辛い思いをしている発達障害者の方に、「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と安心してもらえるようなブログを目指してます。また、読者の方にも記事を書いてもらえる、という試みを始めました。発達障害をテーマに書きたいことがある方は、その旨と、記事を投稿すると仮定した場合の文章をそのまま、コメント欄で投稿してもらえればと思います。

2015年08月

こんにちわ、まことです。

今日、仕事中に大号泣してしまいました。
上司に叱られたのはいつもと同じです。
なのに、今日は我慢できませんでした。

今まで、うるっときたことはありましたが、耐えてきました。

でも、今日はなぜかこらえきれなくて、
一滴の涙が、気づいたら大粒になっていて、
とめどなく出てきて、トイレに直行しました。

そこから、30分くらいずっとトイレの個室で泣いてました。
泣こうと思えばまだ泣けましたが、
仕事に戻らないといけないと思いました。

目は赤いままだし、声がかすれていたので、
たぶん周りの人も気づいていたのかもしれないです。

もう精神的に限界なのかも。

皆さんは、職場で大号泣してしまったことはありますか?
今回一回きりにしたいですが、泣き癖がつかないか心配です。

こんにちわ、まことです。

約1週間の盆休みも終わり、明日から仕事再開です。
憂鬱なことこのうえないです。

しかも、この連休ですっかり生活が夜型になってしまい、
朝型に戻すのが非常に難しい状況です。

なので、1時半過ぎてもこうやってブログ更新してるんですけども。
寝たいのに寝れないです。

アスペルガーと全然関係ないじゃんって言われそうなので、
そろそろもう寝ようかと思いますが、本気で眠くないのでどうしたことか。

あと、最近コメント返信が遅れることが多くて、申し訳ないです。
きちんと全部返信するので、これからも待っていただけると嬉しいです。

はあ、にしても憂鬱です。
明日も怒られるのかなあ、怖いなあ、、、

まあ考えても仕方ないので、ポジティブにいきます。
目指せ、ストレスフリーなアスペルガー。

こんにちわ、まことです。

タイトル通りです。

当事者から見た当事者の特徴と、
定型発達の方から見た当事者の特徴は、やはり違うと思います。

そこがすごく知りたい、と最近思います。

僕自身から見ても、僕はやっぱり周りとは違うところが多いと思いますが、
自分では普通と思っていても、それはおかしい、と言われることもすごく多いので、

自分が考えているのとは比較できないほど、定型発達の方からすれば、
僕の言動一つ一つは、やっぱり特徴的なんだろうなーと感じます。

もしよかったからでいいのですが。
このブログを読んでいる定型発達の皆さん。

身近に発達障害当事者の方がいれば、やっぱり普通とは違うな、と思うところがあるんでしょうか。
それは、当事者自体はどれくらい自覚できていると思いますか。

僕は、アスペルガーというものを知るまでは、1%も自覚できていませんでしたが、
知ってからは10%くらい、今は20%くらいなら自覚できていると感じます。

(コメントがなければ、少し切ないことになってしまいます...笑)

こんにちわ、まことです。

過集中してるときって、楽しいですよね。
僕は会社でも、時々過集中モードに入るんですが、その時は周り構わずです。

会社の人たちをみてると、集中してるときは集中してますが、
なぜか時々雑談をしながら仕事をしてるときがあり、驚きます。

僕からすれば、雑談をしながら手を動かすなんてことはできないので、
仕事をしてるときは極力誰とも話したくない!(仕事上必要な話はしますが)と思ってます。

なのに、どうやら会社の人たちを見ていると、
雑談を定期的にすることによって、仕事の効率化をはかっているようなのです。

僕はどうしてもここの概念がよくわからないです。

仕事が一番楽しいと思えるのは、誰にも邪魔されずに過集中しているときです。

でも、会社というのは、いろんな人と一緒に働くところなので、
やっぱり過集中できる機会というのはそう多くありません。

ただ、僕の過集中は、周りの人をなんとなく意識しつつも止められない、みたいな感じなので、

あー、なんかたぶん今、こいつめちゃくちゃ集中してるな、って思われてるんだろうなーと
頭の中で考えながらも、

はい、集中してます!マイペースでできて楽しいです!と、
一人で応答しながら、勝手に仕事をしているわけです。

そういえば、リクルートという大手会社が、在宅勤務を導入しましたね。
全社員対象で、上限日数もなく、特別な理由もなく家で働けるようです。

うらやましい限りです。
在宅勤務なら、思う存分過集中できるではありませんか。

アスペルガーの方で、できれば在宅勤務がいい、という方も多いと思います。
将来、どの会社でもリクルートのように、勤務形態において柔軟になればいいと考えます。

こんにちわ、まことです。

お盆休みに入ってしばらく経ち、ちょっと余裕が出てきたので、
記事の更新を再開しようと思います。

さて、今回はアスペルガーと結婚についてです。

一度、アスペルガーと恋愛、というテーマについて記事を書いたのですが(下のURLから)、
http://rakkansyugi.blog.jp/archives/23418796.html

そこから一歩進んで、結婚についてはどう思うのか、
ということについて色々と書いてみようと思います。

まず大前提として、僕は結婚する気はほとんどありません。
するとしても、自分からアプローチすることは確実にないでしょう。

この時点で、これ以上何を書いたらいいのか笑、という問題に直面するわけですが、
まず実際に、アスペの男性で未婚の人って、多いんじゃないかなーと、勝手に思ってます。

それは、そもそも特性上、他人と協調して暮らしていくこと自体が難しいということと、
現実的に、経済的に自立できている当事者の方が少ないということがあると思ってます。

僕自身も、新社会人となった今、アスペとして会社で働くことの難しさを感じていますし、
会社によったら、今以上に働きにくいんだろうなということを考えます。

そんな中で、二次障害なしに働き続けることがまず一つの壁ですし、
場合によっては、解雇されずに働き続けることが壁だと思います。

それでもって、結婚なんて、考えている余裕がないんじゃないでしょうか。

僕自体は、結婚願望がないので、考えること自体もしませんが、
結婚したくても経済的に自立できていないからできない、という当事者も多い気もします。

でも、実際のところは、一人で自由気ままに生きたいから結婚しない、
という当事者が、一番多いのではないかとも推測します。

どこかで読みましたが、生涯未婚率が上昇し続けていて、
2030年には、男性で約30%、女性で約23%になるといわれています。

ちなみに2010年時点では、男性で20.1%、女性で10.6%だそうです。

僕は、もれなくこの生涯未婚率上昇に貢献する見込みが十分たっていますが、
アスペルガーの人は、やっぱり一人で自由に生きてるのが一番楽なので、

結婚という、縛られた生活を選ばなくても別に問題はないんじゃないかと思います。

あとそういえば、アスペの男性とADHDの女性のカップルが多いとも聞きますね。
発達障害同士だと、やっぱり波長があうんでしょうか。

ブログを続けて1年経ちましたが、アスペ当事者で結婚してます、
みたいなコメントがまったくないので、もし結婚に関してご意見ある方、よろしくお願いします。

このページのトップヘ