新社会人を目指すアスペルガーのブログ

大学4年の時にアスペルガーと診断され(2014年夏)、今は社会人1年目です。社会で辛い思いをしている発達障害者の方に、「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と安心してもらえるようなブログを目指してます。また、読者の方にも記事を書いてもらえる、という試みを始めました。発達障害をテーマに書きたいことがある方は、その旨と、記事を投稿すると仮定した場合の文章をそのまま、コメント欄で投稿してもらえればと思います。

2015年09月

こんにちわ、まことです。

同期のうち、一人がこの前会社をやめました。
理由はよくわかりませんが、だいぶ病んでいたとか。

どうやら、厳しい先輩にあたってしまったようで、
精神的に参ってしまったらしいです。

僕とは違う部署だったので、あまり深い関係はなかったし、
確かに話したことはあったなーくらいだったんですけど、

それでもなんだか、切ないですね。

たまたま今回がその同期だっただけで、いつ自分の番が来るかは分からないし。
でも、なんだかんだ僕は、自分では忍耐強いと思ってます。

飲食店のバイトでも、あまりに仕事ができなかったためか、
いじめられて除け者扱いされた時期もありましたが、結局辞めずに4年間続けましたしね笑

まぁ、正社員となれば仕事が毎日なので、また話は変わってきますけれどね。

とにかく、いろいろ話を聞いていると、だいぶ辛い日々を送っている同期もいるようです。
体調を崩してしまったり、僕の何倍も叱られていたり、
仕事ができるがゆえに早くも責任ある仕事を任されて、重圧に押しつぶされそうになっていたり。

あとで笑い話になりそうな失敗をしている子もいたりで、
ほんとに、1年目の今の時期しかそんなことできないよ、とか言い合ったりします。

アスペルガーだろうがなんだろうが、今の時期、仕事ができるわけがないはず。

ただ、アスペ特有の辛さは、仕事ができない要因が、経験不足だけではなくて、
仕事を一緒に進めていくにあたってのコミュニケーションの仕方が分からないこと。

ホウレンソウって何?状態です。
ホウレンソウを徹底的にすることはできますが、微妙な加減がわからないのです。

なので、ホウレンソウをまったくしないか、しすぎてうっとうしがられるか、のどちらかです笑
辞めさせられないように、うっとうしがられないようにしなければ...

めっちゃ愚痴ります。
学生気分に戻って。

まず思うこと。
人生を、こんな理不尽なものに振り回されていいのかってことです。

忍耐が美徳?
人間として当然の権利は主張してはダメなんでしょうか。

パーフェクト人間じゃないんだから、高度なことは求めないでください。
ほんとは、さっきははらわた煮えくり返ってました。

もうやめてやるって久々に思いましたが、
まだ仕事があるので、とりあえず今日一日、乗り切ります。

ところで、やめてやるって思うことはよくあると思うのですが、
実際に行動に移すって結構勇気がいる気がするのです。

やめた方は、何を決めてにやめたんでしょうか?
もしよろしければ、教えてください。


このページのトップヘ