広汎性発達障害のいおきさんが、
記事を投稿したいと希望を出してくれました。

ありがとうございます。
今回はその3つめの記事です。

以下、原文です。
テーマは、発達障害当事者のいおきさんが行っている工夫です。
ぜひ参考にしてみてください。

③優先順位付けで困った時はすぐに上司を頼ります。

優先順位を付けるのを苦手な人は多いと思います。
あくまで私の場合ですが、
作業をしていて優先順位が分からなくなったらすぐに聞きます。

聞いた上で、優先順位付けのパターンを習得していく感じです。
次に同じような優先順位づけがあれば、
優先順位付けのパターンにある場合は自分で判断します。

(ただし、この際に少しでも不安なことがあればすぐに確認します)
要するに、少しでも不安なことがあれば
すぐに上司に確認している感じです。

実際に、質問できないほど忙しい職場、あるいは質問すると
怒鳴られるといった職場は山ほどあるのでここで書いた工夫が
できない職場も多いかなとは思います。

なので、「私は今の職場でこのような工夫をしていたら、今の所
困ったことは起こっていない」という解釈で読んでいただきたいです。 

もし何らかの参考になったとしたら幸いです。 
長々と読んで下さりありがとうございました。

※読者さんからの記事投稿の希望を募集しています。
発達障害についての自分の考えなどを、たくさんの人に発信したい、という人はいませんか?

詳しくは、↓のURLの記事を読んでください。
http://rakkansyugi.blog.jp/archives/51563175.html