新社会人を目指すアスペルガーのブログ

大学4年の時にアスペルガーと診断され(2014年夏)、今は社会人1年目です。社会で辛い思いをしている発達障害者の方に、「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と安心してもらえるようなブログを目指してます。また、読者の方にも記事を書いてもらえる、という試みを始めました。発達障害をテーマに書きたいことがある方は、その旨と、記事を投稿すると仮定した場合の文章をそのまま、コメント欄で投稿してもらえればと思います。

カテゴリ: アスペルガーの色々

こんにちわ、まことです。

発達障害の皆さん。
〇〇さんみたいな人に初めて
会いました、とよく言われませんか?
〇〇のところは自分の名前です。

僕はよく言われます。
それくらい自分自身が変わっている、
ということなんでしょうが。

一方でこのブログでは、
僕の今までの経験や考え方などを
書いてきましたが、それに対して
私もそうです、似ていてびっくりしました、
というコメントをたくさんいただきます。

そのたびに僕は嬉しくなります。
自分だけじゃなかったんだと。

僕たちは社会から見たら少数派です。
が、このブログでは多数派になれるんです。

多数派になりたいと思っていたわけではないのに。
仕事や私生活で何かあるたびにその要因は全て
僕自身の考え方が変わっていて、少数派だから
というところに行き着いてしまうのです。

少数派が生きやすい社会はどこにあるんでしょうか。
皆さんみたいな人がたくさんいる社会なら、と思います。

こんにちわ、まことです。

最近悩んでいます。
アスペルガーの方で会社以外で、
働いてる方はいらっしゃいますか?

これ以上会社で働くのは
無理な気がしてきました。

あるいは、海外で働いてる方は
いらっしゃいますか?
アスペルガーは海外なら適応しやすい
と聞いたことがあるので。

いたらお話を聞かせてください。
自分でなくても
知り合いの話でも大丈夫です。

こんにちわ、まことです。

お久しぶりです。2か月ぶりでしょうか。
コメント返信できてません。ごめんなさい。
でも、全部読んでいます。

いつのまにか総訪問者12万人超え。
更新しない間に。ありがとうございます。

最近思ったのは、僕にとって、
アスペっぽい人って接しやすいということです。

あの人変わってるよね、と噂される人が
最近転職で入ってきたのですが、僕にとっては、
なんてこの人おもしろいんだろう、という魅力的な人なのです。

向こうがこちらのことをどう思ってるかはわからないですが、
少なくとも、個人的には話しやすいです。

ただ、確かに仕事関連の話をしていると、
あれ?と思うことがあって、伝わらないなと思うことはあります。
というか、相手の言っていることがわからない。

それは僕のせいなのかもしれないし、相手のせいかもしれない。
でも、僕が相手に思っていることを、
僕はほかの人に思われているんだと考えると、僕はやはり変わり者なのだと思うんです。

こんにちわ、まことです。

皆さんはご覧になりましたでしょうか?
世界仰天ニュースというテレビ番組で、9日(水)にアスペルガーが特集されてたのを。

見てない方のために簡単に内容を説明すると、

木下直子さんという女性(今は一児の母で会社の代表も務めて、障害認知に取り組んでいる)の
これまでの苦悩の人生と、それをどうやって乗り越えてきたか、というものです。

勉強はできるけど運動はできない。
相手を傷つける言動が極端に多い。
ルールにしばられ、柔軟な言動ができない。
感覚が過敏で、日常生活に支障ができる。

おおまかに、アスペルガーの特性を薄く広く紹介しているという感じでした。
まぁ、テレビではここまでが限界ですよね。

ただ、やはり
「押しボタンで青信号になることに気づかず、赤信号を30分以上待っていた」
という事例は、性格ではなく障害なのだという事例にはなるでしょう。

あと、有名なサリーとアンの問題を、診断に使うという説明は適切ではないかもしれません。
あれはあくまで、3歳の当事者さんを対象にした問題だそうですし、
大人なら論理的に考えれば、おそらくあの問題は当事者さんでも正答できると思います。

そういえば、この番組が放送された日のこのブログの訪問者数は、非常に多かったです。
やはりテレビの影響というのはすごいですね。

この番組を見て、
・もしかして私もアスペルガー?
と思った人がいるかもしれません。

気になる方、今その特性で悩んでいる方は、精神科に行ってみてもいいかもしれません。
はっきりさせたいという思いは、行動に出せば案外すぐに実現されます。

それで「障害ではない」と診断されても、「障害だ」と診断されても、
結局はなんとなくもやもやしたようなものが残るのですが、次への一歩にはつながると思います。

あと、
・私の身近にいるあの人、もしかしてアスペルガー?
と思った人がいるかもしれません。

そう決めつけるのは時期尚早です。
ただ、アスペルガーの特性を理解したうえで接すれば、関係がうまくいくかもしれません。

こんにちわ、まことです。

本当の自分をさらけ出そうと思います。

・実は他人のことを心の中で見下している
・話せないんじゃなくて、話すのが面倒なだけ

・実は他人のことを利用している、気がする
・自分が一番大事

・なんだかんだ、自分が一番正しいと思っている
・自分のことを変える気持ちはさらさらありません

本当にアスペルガーなんでしょうか。
ただの、自分大好き(大嫌い)人間、自分中心人間、口だけ人間な気がしてきました。

アスペボーダーの人(僕だけかもしれませんが)って、実は性格的に、
自分のどこがねじ曲がっているのかわかっていて、

だけど変えれないんじゃなくて、変えたくないから、
周りに甘えている、というところもあるのかなーという気がしてきました。

僕の場合、自分で何かをしなくても、運よく
周りに助けられてきたことが多かったので、余計に。

アスぺの皆さん。
自分のことが、とてつもなく悪い人間みたいに思えてくることはありませんか?

特性うんぬんというよりかは、
その特性の裏にある、実は自分が一番正しいと、信じているところとかです。

このページのトップヘ