新社会人を目指すアスペルガーのブログ

大学4年の時にアスペルガーと診断され(2014年夏)、今は社会人1年目です。社会で辛い思いをしている発達障害者の方に、「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と安心してもらえるようなブログを目指してます。また、読者の方にも記事を書いてもらえる、という試みを始めました。発達障害をテーマに書きたいことがある方は、その旨と、記事を投稿すると仮定した場合の文章をそのまま、コメント欄で投稿してもらえればと思います。

カテゴリ:アスペルガーの特性 > 場に合った行動ができない

こんにちわ、まことです。

自分が空気読めてないということをはっきり認識したのは、大学3年の夏(遅い笑)

就活を控えていた僕は、5日間のインターンシップに参加しました。
5日間ともなれば、できることも限られてます。
就労体験というよりかは、グループワークを通して業界理解を深めるという感じでした。

そう、グループワーク笑

当時僕は、アスペルガーなんてものがこの世に存在するなんてこれっぽっちも知りません。
自分が空気読めてないことも、ほとんど自覚してません。

初めて会った人たちと共同して、最終日に向けて
新しいビジネス案を考えて、それをプレゼンするという作業。

それはそれは大変でしたよ。
正直いって、気の合う子は同じグループに1人しかおらず、
それ以外の子は、なんというか、、、とりあえず、大変でした。

で、グループワーク中に思っていたのが、
「なんか僕が発言すると、空気が凍るな。。。どうしてだろう」
ということです。

そしてそれはどうやら正しいことが判明しました。

インターンシップの最終日。
グループのメンバーひとりひとりが、それぞれの良いところと悪いところを発表して、
今後の就職活動に生かそうという時間が設けられました。

各々、お互いのために、遠慮のない言葉が飛び交います。
当然です。ここで本音を言い合わなければ、得るものはありませんから。
(決して喧嘩するとかじゃないですよ笑 あくまでフィードバックです)

その時、満場一致で、

「まことくんは、もうちょっと話の流れに合わせて発言してほしい」
「まことくんが何か言うと、急に場が静かになることが多いよね笑」

というフィードバックが返ってきました。

僕としては、初めて出会う人たちということを考慮して、
グループに少しでも貢献するために、これ以上にないくらい空気を読んで、
話の流れもそれなりに読んで発言していたつもりでした。

このころからです。
自分と周りがズレているんだろうなと、「本気で」自覚するようになったのは。

初めて他人に真正面から指摘されて、やっと自覚できたのです。

でも、こんなフィードバックをもらったような人間でも、
就職活動中のグループディスカッション選考は、通過したことがあります。

とはいえ、7回くらい受けて1回しか通りませんでしたが笑

また今度、グループディスカッション選考についての記事も書いてみようかと思います。
現大学3年生の人も、そろそろ就活を意識するころでしょうし。

といっても、失敗経験談ばかりになりますが笑
その中から、何か学んでいただければ、と思います。

こんにちわ、まことです。

さっきおもしろい話を思い出したので、ブログ更新します。

あれは確か小5のときだったと思います。
学年の全員が集められて、先生から話を聞く、いわば学年集会があったんです。
(どんな話をされたかは覚えていませんが)

で、その時僕はアルファベットの歌(ABC~のやつ)にはまってて、
特にLMNOPの部分を

LMNOP~ と早口で一気に歌うのか、
LMNで一回区切って、そのあとOPQR~って歌いなおすのか、

どっちが正しい歌い方なのか、しっくりくる歌い方なのかが知りたかったのです。

で、学年集会中です。
なぜだか分かりませんが、先生が真面目な話をしているのに、
ABCD~だなんて、皆黙って聞いてる中一人で歌い始めてしまったんです笑

でも、その時は自分の世界に入ってたので、いけないことだなんて気づきもしません。
むしろ楽しい時間を過ごしておりました笑

LMNOP~ なのか、LMN。OPQR~なのか、
どっちが歌いやすいのか、というのを交互に試していると、

「静かにしてよ」と隣の男子に、しかもやんちゃな子で、
授業中はどちらかといえば歩いて皆にちょっかいだしてる子に注意されてしまったのです笑

その瞬間、僕は一瞬にして黙りました。
でも、頭の中ではABCD~がずっと流れていました笑

とまあ、こんな話です。
アスペさんなら、特に小学生といったアスペモード全開の時なら、
学年集会中に空気を読まずに変な言動をしてしまった、
みたいな話、よくあるのかもしれませんね。

というか、当時の担任は、僕のアスペに気づいていたのでしょうか。疑問です。

のっけからおもしろい話、といいましたが、おもしろくなかったかもしれません笑
失礼しました。

こんにちわ、まことです。

ADHDの人が片付けられないのはものすごく有名な話ですが、
アスペさんでも片付けない人は多いです。

ここで僕が「片付けない」と言ったのは、
あくまで個人的な感覚ですが、ADHDの人は片付けたくても片付けられないのに対して、
アスペさんにはそもそも「片付けよう」という意識が希薄なんじゃないかと思うからです。

もしかしたらアスペさんにも、
本当に片付けたくても片付けられない人がいるのかもしれません。
しかし僕の場合はそうではないので、そういった視点からは書かないことをご了承ください。

じゃぁなぜ、アスペさんには「片付けよう」という意識が希薄なのか。
それは、「片付けなくてもそんなに困らないから」だと思います。

出したものは出しっぱなし。
普段使うものはそこらへんに放置しっぱなし。

捨てればいいものを、特に捨てようと意識することもない。
分類したほうが分かりやすい、という考えもない。

もしかしたらそれは、他人からすればだらしがないように見えるのかもしれません。
まぁ、僕自身だらしのない人間だということは認めましょう笑

でも僕からすれば、片付けてもどうせすぐに散らかるんだし、
分類しなくても自分で何がどこにあるかくらいある程度分かってるんです。

そもそも社会的な規範に従おうという意識が極端に低いアスペさんには、
「片付けたほうがいい」という概念がそもそも少ない。

いらないプリントの山が床にずっと置いてあろうと、特に気にもしない。
別にその山があるからといって、特段困ることはないからです。

たぶん他人からすれば、「この人の部屋には、どこに何があるか分からない」状態。
でも僕からすれば、「乱雑に見えてても、何がどこにあるかは分かってる」状態。

服をたたんでタンスにしまう意味が分からない。
またすぐに使うものだったら、そこらへんに放置しとけばいいのに。

タンスにしまっておかないと、服が汚くなってしまう? 服はタンスにしまうのが当たり前?
そんなの知りません笑

きれい好きな母親からは、「掃除しなさい」と何千回は言われてきましたが、
なんでそんなに汚れていない部屋に、定期的に掃除機をかける必要があるのか、
正直いまだに全く分かりません。

あ、当然のことながら年末の大掃除なんて、わけが分かりませんよ。
なんで年末になったら、掃除するんですか笑

普段掃除しないようなところの汚れを気にしようとするから、
年末の落ち着いて過ごしたい時期に、いちいちストレスがたまるんじゃないですか笑

まぁ、これ以上書くと長くなるのでそろそろ終わりにしますが、
まとめると、僕にとって片付けは、なんでする必要があるのかよくわからないもの。

そして、社会的に当たり前だからという理屈は、アスペさんには残念ながら通りません笑

片づけはして当たり前と言われても、自分なりの理屈に当てはまらない限り、
片づけをすることの大切さというのは、僕にとっては永遠の謎のままです。

どうして片付けをするんですか。誰か教えてください。

こんにちわ、まことです。

僕は空気読めてないらしいです。

自分がアスペルガーだと知って、自分の言動を振り返るまでは、
自分が空気読めてないということには気付いてませんでした。

アスペということがわかって、友人に相談してみるうちに、
僕がいかに空気読めてないかということが分かってきました。

空気読み力テストというのがあります。

わりと本格的なので、皆さんもやってみてください。
(テストはこちら

ちなみに僕は、100点満点中13点の、
重度KYでした~

グラフによれば、TPO力は0ですね。
文脈把握力が、他と比べてはいいようです。

というか、このテストで40点以上をとる人(一般人のランクに位置づけされる人)は、
絶対にアスペじゃないと思いますよ!笑

それか、血も涙もにじむような努力をして空気を読む力を身に付けたアスペの人でしょうか。
もしもそんな人がいたら、僕はその人を尊敬します。

僕からすれば、40点以上をとる人なんて、神様のような存在ですね。

社会人になる前に、努力して20点以上とれるように頑張ろうかな。

ちなみにアスペの人がこのテストをすると、
どうしてあなたは僕の弱点ばかりついてくるんですか!という気持ちになりますよ。

こんにちわ、まことです。

アスペの人は、表情が場にそぐわないといわれます。
淡々とした表情、無表情なので、何を考えてるか分からない、とかいわれます。

僕は表情はものすごく豊かだと思ってます。

でも、僕は、いつも笑ってると言われます。本当にいつもなのです。

友人と何かを話しているときも、一人で道を歩いてるときも、
人の話を聞いているときも、誰かに怒られてうなずいているときもです。

空想して一人で笑って、周りの人にじろじろ見られちゃうこともよくあります笑

ようは、普通の人にとっての真顔が、僕にとっては笑顔なのかと。
それが笑う場面になると、さらに笑顔になるという感じでしょうか。

笑顔は人に好印象を与えるといわれますが、
僕の場合、その笑顔をTPOにあわせて使い分けることができません。

というか、意識して使い分けようにも、
無意識の表情が笑顔なので、どうしようもないのです。

例えば、バイト先でお客さんに怒られたり先輩にしかられたときでさえも、
僕は笑顔です。実際にそのように指摘されました。

バイト先で真面目な話を社員にされてるのに、それでも真面目な顔になれなくて、
「笑顔でうんうんうなずくのはいいけど、それじゃ逆に不真面目なのかと思われちゃうよ」と
注意されました。

自分ではその時、真面目に話を聞いてますし、すごく反省もしてます。
それが表情とあいません。

いつも真顔や、いつも怒った顔をしてるよりかはマシかもしれませんが、
それでもずっと笑顔というのは、時々ですが障害になることもあります。

これから社会に出るにあたって、上司やお客さんにしかられることもあるでしょう。
もしかしたら、後輩に注意する場面もでてくるようになるのかもしれません。

そういう時に、笑顔で対応してしまうと。。。

「こりゃー何笑ってるんじゃー!怒」となってしまうのは見え見えです。

まぁこれは今じゃ笑いごとになるのですが、そうならないように気をつけます泣
でもどうやって気をつけるのかは知りません。だって無意識なんですから。

このページのトップヘ